学習と科学が休刊。

すごく驚いたので。


<学研>「学習」「科学」の休刊を発表 老舗学習誌
休刊ですか。
私は小学1年生〜6年生まで、学研と科学を取ってました。
どちらかと言えば、科学よりも読み物の多い学習の方が好きでした。
おまけに母は「学研のおばちゃん」だった時期もあります。
今は「学研のおばちゃん」が直に配達してるかは知りませんが、うちの母は「給料はそんなによくなかったけど、配達しに行くと本を待っていた子たちが喜んで出てくるので、それが楽しかった」と言ってました。
冬場になると、父が車を出して配達を手伝ってましたねえ・・その当時、母は免許を持ってませんでしたし、なにせ北海道なので。
なかなか大変ですよ。冬場の北海道で「学研」と「科学」の配達。
徒歩の場合、冬になると、プラスチック製のそりに本を載せて配達していましたから。
ネット世界の仕事をしてる訳ですが、昔からある雑誌がなくなるという記事を読むと寂しい限りです。
今は翌日には必要な品物が配達されたりして、本当に便利になりましたけど、「喜び」という感情は薄くなったような気がします。
なんでも「すぐ手に入る」環境っていうのは、人間の情緒を養う点では、それほどよくないものなのかもしれません。
やっぱりじっくり読むなら、モニターの向こうにあるんじゃなくて、手に取れる紙が大好きです。
・・・私の場合、すっかり風呂で読む癖がついてしまってるので、注意しないと浴槽の中に沈めてしまいますが・・( ̄▽ ̄;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です